FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正池ー徳沢

2013年5月3日(金・祝) 大正池ー徳沢

ゴールデンウィークに上高地へ
本来涸沢まで行く予定が、今年のGWは暑くなった後に雪が降り、
雪崩の危険性が強いため、ギリギリまで行き先変更を考えていました。
一時は立山の安全なコースも考えましたが、寒波のせいで私達の持ってる装備では夜が厳しい。
結局上高地観光をする事にしました。しかし、2泊する予定。
上高地だけで時間を潰せるのであろうか?それが皆の心配でした。

本来涸沢まで行くのであれば、上高地の中心までバスで行くのですが、
私達には時間がある為、大正池からゆっくり上高地散歩をする事にしました。
130503-1.jpg

130503-2.jpg
大正池からの焼岳が綺麗でした

130503-3.jpg
こちらは大正池からの穂高

130503-4.jpg
ゆるーい平地を歩きます。
私達のようなバリバリ登山の格好の人はあまりいません。
観光客が多いです。

130503-5.jpg

130503-6.jpg
しばらく平地を歩くと、開けたスペースが。
なかなかの景色

130503-7.jpg

130503-8.jpg
そして林道を歩きます。

130503-9.jpg
時間がある為、橋を渡り、ホテルやロッヂが並ぶ川沿いをゆるりと散歩。

130503-10.jpg
上高地に到着。こどもの日が近いので、河童橋近くに鯉のぼりが。

130503-12.jpg
上高地から明神へ向かいます。まだまだずっと平地。
アップダウンなんて全くありません。

130503-11.jpg

130503-13.jpg
明神に到着。上高地からここまで1時間もかかりません。

130503-14.jpg
穂高神社で旅の無事をお願いしました。

130503-15.jpg
明神橋

130503-16.jpg
橋を渡り、明神館へ。

130503-17.jpg
昔は上高地を「神河内」と書いていたようです。

130503-20.jpg
ここから徳沢を目指します。

130503-19.jpg
この辺りには猿が沢山いて、動物園にいる気分でした。

130503-21.jpg
明神を出て1時間程で徳沢のテン場が見えて来ました。
大正池〜徳沢までずっと平地。

130503-22.jpg
テン場のテントはやっぱりいいです♪

さて、ここで一泊しようと思うのですが、さぁ明日はどうしよう…。
もう行く所がありません(笑)
ダメもとでロッヂに涸沢の雪の状態を聞きに行った所、
数日前までの危険な状態は回避されているとの事。
それならば明日涸沢まで行こう!モヤモヤしてた物がすっきりしました。

明日の行き先が決まった所でお昼ごはん。
130503-23.jpg
前から気になってたキリンラーメン。パッケージがかわゆいです。
名古屋ご当地ラーメンのようです。

130503-24.jpg
ネギとかいわれ大根を入れて食べました。
あまり味わった事の無い味でちょっとびっくり。なかなか美味しいです。

夜ご飯まで暇なので、ロッヂに行きました。
130503-25.jpg
ここのロッヂはなかなか綺麗でおシャレw

食後のデザートにソフトクリーム。
130503-26.jpg
ここは高菜チャーハンが名物らしいですが、この日は売り切れていました。残念。


お腹がいっぱいになり、テントで少し仮眠。
ここのテン場がいい所は、ちょっと離れた所にお風呂があるんです。
大きいお風呂ではないですが、連泊するには助かります。
お風呂で出会った方と、今日はどこへ?なんて話をしたり、楽しいひと時。
数日前まで入山規制で入れなかったと話すと、全然知らなかったようで
びっくりされてました。意外と皆調べずに来ているんだなと思うと
やっぱり危ないなーと感じる。

お風呂を出て晩御飯!今日は皆でお鍋です。
鍋キューブはほんまにアウトドア向け!重宝します。
130503-27.jpg


たっぷりごはんを食べ、明日に備えて寝ます。
今日は登山と言うよりハイキングだったので、明日が楽しみ。


→続きは後日☆
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kei12yama.blog.fc2.com/tb.php/12-c4b39065

Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/05/20 13:02

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
関西を中心に山登りを
しています。
今の課題は目で見た風景の
綺麗さをどう写真で伝えるか。
なかなか難しいです。

最新トラックバック

 

ブログ内容説明

あくまで個人の感想、体験を書いています。山に登る時は一つのブログのみを信じずに、色々調べてから向かって下さい。私の記事が少しでもお役に立てれば良いですが、そこまで知識がある訳ではありません。この時期はこの山はこんな感じなのか。位に受け止めていただければ幸いです。又、標高横の【 】内の初心者向け等は、私個人が登って感じた感想です。参考にしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。