FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧氷を見に

2013年1月27日 高見山(1248.3m)【初心者向け】

霧氷で有名な高見山へ行って来ました。
今日は車を出してもらって4人で♪

先週は雪が凄く積もっていたようで、期待していたのですが
週の半ばで雨が降り、何だか雲行きが怪しい。

少し不安になりながらもたかすみ温泉の駐車場に到着。
下界には雨で溶けた雪の残りが道路の端っこにちらほらある程度。
去年同じ時期に行った人が、ここら辺は積もっていたと言っていたので更に不安。
雨で溶けたし、それから降っていないので霧氷見れるだろうか…

そんな不安を抱えながらも出発。時刻は8時30分。
しばらく歩くと足下にやっと雪が。
しばらく階段が続きます。雪がもっとあれば階段なんてわからないはずなんですが…。
130127-1.jpg

そして休憩所らしき横に生えていた高見杉。
1000年前の木だとか。大きすぎて全部写りません。
見ての通り霧氷のむの字もありません。
130127-2.jpg

しばらく歩くと、やっと白く。
130127-4.jpg

130127-3.jpg

木々もだんだんと。
130127-5.jpg

こんなに真っ白にw とっても綺麗。
130127-7.jpg

ここからの景色が綺麗でした。
130127-6.jpg

私も撮っていただいた。いらん?w
120127-13.jpg

白と緑のコントラスト。
こっちの山は白いのに、あっちの山は緑色。不思議です。
130127-9.jpg

白いトンネル
130127-8.jpg

霧氷はちょっと小さいけれど、あって良かった。
130127-10.jpg

天気にも恵まれました。
130127-11.jpg


130127-12.jpg

山頂に着く前にiphoneが落ちた。
カイロで暖めていたにもかかわらず。
またログが途中で切れた
写真撮りすぎたかなー。
寒いとカメラが動かなくなるので、携帯を暖めてなんとかやろうと
思ったけれど、カメラの方が寒さには強いかも?
一眼を持って来ている人沢山いたし。
これは今後どうするか考えなくては…

なのでここからの写真はありません。
本当はもっときれいな所があって、撮りたかったのだけれど。

山頂に着いたら避難小屋はいっぱい。
着いたのは11時頃です。
風が冷たい為、小屋の陰でご飯を食べました。

食事が終わり、下山。
途中で霧氷バスで来た人達とすれ違う。
かなりの列で、わんさか登って来ます。
帰りにもう一回撮ろうと思っていた場所も
人がいっぱいで撮れない。
下るのもバス組の列が途切れずなかなか下りれない。
かなりの人数にびっくりしました。
あの人数だと山頂は大渋滞だろうなと想像すると怖い。
風よけもなくお昼を食べなきゃいけない、寧ろ座る所すらないのでは?
車で行って良かったと思った瞬間でした。

無事13時半頃に下山。たかすみ温泉に行こうと思いましたが、
あの団体が温泉に来ると思うとゆっくり出来ないだろうなと思い
違う温泉へ。冷えきった身体には最高のひと時でした。

次回はもう少し霧氷が育っている時に行きたいです。

スポンサーサイト

六甲山に雪降ったー

2013年1月20日 六甲山(931m)【初心者向け】

ちょっとした理由で一人登山をする事になりました。
おなじみの芦屋川〜有馬まで。

行き慣れた山。
しかし一人は本当に久しぶり。

ずんずん登ります。
風吹岩を越え、雨ヶ峠へ
山頂でご飯はちょっと寒そうなので
ここでご飯タイム。
雨ヶ峠にはうっすら雪が積もっていました。
珍しいなーと思い、ご飯を食べていると、おじさんに
「アイゼン持ってるか?有馬側は無いとあかんで」
と言われました。
念のため持って来たけど、役に立つとは!

ご飯を食べ終わり、出発。
雨ヶ峠を過ぎるとすぐに積雪が!
こんな所でこんなに積もっているなんて珍しい。
130120-1.jpg

山頂に到着時点で周りはもう真っ白。

有馬の方に下りて行きます。
ますます雪深く。
130120-2.jpg

途中木が倒れていて、道が完全に塞がれていました。
横道をそれて通ります。
130120-3.jpg

10時から登り、有馬に2時半
おつかれさまでした。

ダイエットも兼ねて行ったけど、帰りに甘いもの食べてしまった。
ベリーワッフルおいしかったーw
130120-4.jpg


テントの誘惑

今年はテントを買うつもりです。
今狙っているのはこれ!

m_VL34_001.jpg


プロモンテのVL24
2人用だけど、他の軽量テントより幅が少し狭いかな?
3人用の方がいいのかなーと悩んでます。
シートが薄いと聞いて少し気になってますが、気に入るのが今の所これしか無い。

前はドマドームとか、トレックライトとか気になってましたが
どうも色が気に入らない。
山用品は見た目よりも機能だとはわかっていても、高い買い物なので
こだわりたいです。
とは言ってもVL24も十分過ぎる位良いテントだとは思いますが(調べた感じだと)
さてさていつ買おうかw


PuroMonte(プロモンテ) ライトウエイト・アルパインテント VL25

価格:43,000円
(2014/1/14 15:49時点)


はじめまして。伊吹山!

2013年1月4日 伊吹山(1,377m)【中級者向け】

明けましておめでとうございます。
お正月休みに伊吹山に行ってきました!
初登りです♪めでたいw
しかも伊吹山はずっと私が登りたかった山!
それを雪の時期に行っちゃうなんて、なんて無謀w

出発は早朝。まだ外は真っ暗。
130104-1.jpg

電車でゆらゆらと向かいます。
真っ暗からだんだんと綺麗な朝日が。
そして近江長岡の駅に到着!

お!見えた!あいつが伊吹山!めっちゃきれーー!
130104-2.jpg

駅からはあのバスに乗ります。
後ろの看板が何だか古めかしい。。
130104-3.jpg

バスのおじさんに今から伊吹山を登ると言うと
何だか心配したような感じだったので
ちょっぴりこちらも不安になってきた。
駅でこんなけ積もっているんだもの、山はえらい事になっているだろう。

でもまぁ行ってみなければわからないし、
何より私には心強い同行者が二名!うん大丈夫。

バスを待っている時間にレインウェアを着込み、バスに乗り込む。
乗車したのは私達と、ハイカーが一人。
あれ?そんなけ?っとちょっとびっくり。
バスに揺られながら少しずつ伊吹山が近づいて来ました。
130104-4.jpg
今からあそこに登るのだ。

着いてみたら車で来ている人も結構いて、ちょっと安心。
さて登りましょう。

しばらくうねうねと登り続けると、一気に開けた場所に!

新雪を歩き、テンションが上がっている人w
130104-5.jpg

ずーっと真っ白。気持ちがいいです。
130104-7.jpg

振り返ると景色が綺麗。
130104-6.jpg

さらに登って見えた景色。
130104-9.jpg

天気も良く、雪も新雪でさらさら。最高です。
130104-8.jpg

上からボードで滑って来た人が。めっちゃかっこええー!
山頂まではもう少し。
130104-10.jpg


登りきり、下界から見た山の平たい部分に来ました。
もうどこ見ても景色が素敵すぎて、感動。
130104-11.jpg

風で雪に模様が出来ています。これって何て言うんだろう?
130104-12.jpg

そして山頂に到着!
ヤマトタケルの像も何とか顔が出てます。
130104-13.jpg

見渡す景色はすてきーー。正直いつまでもいたい。
130104-15.jpg

綺麗な景色と登頂にご満悦のワタシ。
130104-14.jpg

さて、いつまでもいる訳にもいかず、帰路へ。
雪は深い所で膝まで来ます。
130104-17.jpg

下りはわりと急に感じました。でも、新雪がふかふかして下りやすい。
130104-16.jpg

この景色とももうお別れです。
130104-18.jpg

夕日も綺麗でした。ちょっと写真を撮る時間が長過ぎたかな?
130104-19.jpg

何とかヘッドランプを使う事なく下山できました。
この積雪でも6本アイゼンでわりといけるんだなーと勉強になりました。
また伊吹に行きたいなー。勿論晴天の時に!


Pagination

Utility

プロフィール

ケイ

Author:ケイ
関西を中心に山登りを
しています。
今の課題は目で見た風景の
綺麗さをどう写真で伝えるか。
なかなか難しいです。

最新トラックバック

 

ブログ内容説明

あくまで個人の感想、体験を書いています。山に登る時は一つのブログのみを信じずに、色々調べてから向かって下さい。私の記事が少しでもお役に立てれば良いですが、そこまで知識がある訳ではありません。この時期はこの山はこんな感じなのか。位に受け止めていただければ幸いです。又、標高横の【 】内の初心者向け等は、私個人が登って感じた感想です。参考にしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。